算定基準の問題

慰謝料は、精神的な被害に対して支払われるものです。

交通事故の被害に遭うと、肉体的なケガを負うことが多くなりますが、精神的にもつらい思いをすることになるでしょう。非常に大きな被害となってきますが、計算しにくい側面を持っているのも確かです。

物損の部分は、評価額を出しやすいのは確かです。壊れたものを時価でも評価すれば出てしまいます。ところが、人間の精神的な苦痛は、金額にしにくいでしょう。そのため、不公平にならないため、一定の基準の元で保険会社は表を作っています。

これが算定基準です。保険会社の算定基準は、自分たちの理想で作られています。営利企業である保険会社は、保証をするのが仕事ですが、赤字にするわけにはいきません。そこで、慰謝料は基準がはっきりしないことから、できるだけ抑えた金額で作られています。

納得できないこともあるのは、当然のことなのです。弁護士を入れて交渉するというのは、こうした算定基準を使わせないように増額を狙っていくというところにもなるでしょう。何もせずにそのままにしてしまえば、必ず低い金額のまま交渉をしていくことになってしまいます。

ベースが低い状態のままでは、いくら交渉しても効果を上げにくいため、弁護士を入れる方が効率的になるのです。

『弁護士に依頼する意味』