弁護士に依頼する意味

保険会社には慰謝料の算定基準があります。

独自の計算で作り上げているわけですが、これでは納得のいくものにならないことのほうが多いでしょう。最初から下げてあるのですから当然です。

弁護士に依頼して交渉を進めていくというのは、保険会社の算定基準を使わせないという意味もあります。弁護士は、裁判の判例から作られている算定基準を使って交渉するのがポイントです。

保険会社側も知っていますが、素人だからといって安い基準を突き付けて、そこから交渉をスタートさせるといったことが弁護士には通用しません。

弁護士の算定基準は、保険会社よりはるかに高くなります。実際に裁判になれば、そこまでの金額が認められるようになるのです。その差はかなり大きなものになってくるのですから、交渉のレベルがまったく別になると考えることができます。

弁護士は裁判の判例を使って交渉を進めていくことになるのですから、保険会社が自社利益を考えて作った算定基準は通用しないのです。弁護士に依頼するだけでもこうした効果を発揮することになるのですから、それだけでも大きな効果になってくるでしょう。

保険会社の自由にさせるよりも、はるかに被害者の希望に添った形で増額できるのです。

『算定基準の問題』